【悲しい理由】婚活モンスターの女性が、商社マンに選んでもらえない理由がヤバい!

「乾杯!!」

シャンパングラスに注がれた冷たい“泡”を、男女が美味しそうに喉に流し込む。

金曜日、彼らは平日に溜まった鬱憤をこの夜に吐き出すのである。

真理子が、咲からこの食事会に誘われたのは、ちょうど2週間前のことだった。



「真理子、18日の金曜は空いてるよね!食事会に行かない?」

仕事終わりだったからか、咲はいつにもましてテンションが高かった。

「空いてるけど…彼氏出来たし、もう食事会はちょっとなぁ」

大手町にあるIT会社で働いている27歳の真理子と咲は、同期入社で当時から仲が良い。

咲はすらりとした長身美人。大学生の頃はミスに選ばれ、入社してすぐの頃は社内でも話題になった。


気になる続きは次のページ
秒後にスキップできます。